8/21大人のための数学カフェ 比

玉川高島屋S・C
玉川テラス
大人のための数学カフェ

魔法の算数教室&大人のための数学カフェ連動企画「比」
比とは何か

黄金比・白銀比、円周率π、三角比、確率
数学は比のかたまり
2000年の数学の発展が生みだしたコンピューター
AI(人工知能)の正体は数学カタマリマシン
AIは確率という比を計算
ラテン語ratio(計算すること・数える)
 →ratio 比 → rational 合理的
rational numberが有理数と訳された背景

比を制する者は世界を制する。

なぜかくも私たちは比を追い求めるのか
比の正体に迫ります

日時 8月18日(日)13:30-15:30
場所 玉川高島屋 本館屋上 玉川テラス
定員 26名限定
参加費 1人2,000円

*応募者が定員数に達した場合、先着順で受付いたします。
お申込みいただいてもキャンセル待ちとなる場合もありますので、予めご了承ください。
*キャンセルは開催日の1週間前まで受付。それ以降は全額を申し受けます。

WEB申込 玉川テラスHP
http://www.tamagawa-sc.com/terrace

問い合わせ
玉川テラス 03-5491-1677

子供の科学8月号 めざせ!マスマジシャン

クリックで拡大表示

子供の科学8月号 好評連載中
 子供の科学WEBSITE KoKaNet

日常を数学の目で見よう!
めざせ!マスマジシャン
LESSON40 
碁石の数え方

先月6月魔法の算数教室のテーマ「数え方マジック」と連動した企画
魔法の算数教室では最後に「やってみよう」で終わります。
次の月にやってきた弟子(魔法の算数教室では私がマスター、こどもたちは弟子)に最初にマントと帽子を着てプレゼンテーションをしてもらいます。

先月の「やってみよう」が次です。
おとなのみなさんもやってみてください。

クリックで拡大表示

次はパパとママにヒントとしてみせたページです。
よくご覧下さい。ヒントがわかるはずです。

7月21日(日)大人のための数学カフェ Vol.90
魔法の算数教室&大人のための数学カフェ連動企画
小数点誕生400年記念
小数・分数
残席のこりわずか 申込はおはやめに

弟子たちのプレゼンテーションがたのしみです。

Tシャツトリニティに新規出店

デザインTシャツ通販 T-SHIRTS TRINITY【Tシャツトリニティ】
ショップ名 桜井進デザインMathT-SHIRTS
URL https://www.ttrinity.jp/shop/mathtshirts/

ファーストラインナップは次の2つ
円周率π The Ramanujan Pi Formula+1000digits 白文字 ダーク生地最適
円周率π The Ramanujan Pi Formula+1000digits #002 黒文字 色生地最適

円周率π The Ramanujan Pi Formula+1000digits 白文字 ダーク生地最適
円周率π The Ramanujan Pi Formula+1000digits #002 黒文字 色生地最適

おすすめは
円周率π The Ramanujan Pi Formula+1000digits #002デザイン
手帳型スマートフォンケース iPhone8,7,6,6S / Xperia XZなど対応

さくらんぼ親善大使

私の故郷は山形県東根市
土田正剛東根市長からさくらんぼ親善大使に任命されています
全国でさくらんぼ親善大使の名刺を配り東根市を宣伝するのが仕事
そのお礼としてこの時期、東根市長から佐藤錦がおくられてきます

東根市の佐藤栄助氏によってつくられたので佐藤錦と呼ばれています
佐藤錦は今が最盛期
ぜひ東根市の農家に注文して召し上がってみてください
その美味しさに驚かれることでしょう

小数点誕生400年記念 大人のための数学カフェ

魔法の算数教室&大人のための数学カフェ連動企画
小数点誕生400年記念
小数・分数

今から400年前の1619年、人類は突如小数点「.」を手にした
まさに青天の霹靂
それをデザインした者こそ対数の生みの親であるジョン・ネイピア
1594年から1614年の20年をかけて行われたlogarithm=logos(神の言葉)+arithmos(数)
およびその数表の制作
その過程でネイピアは小数点「.」をデザインしていた
1619年に息子の手によって出版されたのが
『Mirifici logarithmorum canonis constructio』
これこそ真のイノベーション
今もその絶大なる威力は衰えることはない

プログラム
1.シモン・ステヴィン小数誕生物語
 1581年『組合企業の計算に関する新発明』
 1582年『利子表』
 1583年『幾何学問題集』
 1585年『十分の一法』
  0.246 → 2①4②6③
 1585年『算術』
 1605年『歌唱法の理論』
  平均律の計算 2の12乗根

2. ジョン・ネイピア小数点誕生物語
 1619年『Mirifici logarithmorum canonis constructio』
 小数点が登場

3.循環小数の謎
 2と5以外の素数pの逆数の循環節の長さは、p-1の約数である。

4.乗算記号「×」は分数の計算が発端

5.なぜ分数のたし算は分母・分子同士をたしてはいけなのか?
 演算の定義がwell-defindであることの証明

小学校の算数で学ぶ小数と分数
それらが現代の教科書に載るまでには数千年の歴史が必要だった
誰も教えてくれない小数と分数の物語

日時 7月21日(日)13:30-15:30
場所 玉川高島屋S・C 本館屋上 玉川テラス
定員 26名限定
参加費 1人2,000円

*応募者が定員数に達した場合、先着順で受付いたします。
お申込みいただいてもキャンセル待ちとなる場合もありますので、予めご了承ください。
*キャンセルは開催日の1週間前まで受付。それ以降は全額を申し受けます。

玉川テラスの詳細はコチラ
WEB申込はコチラ
問い合わせ
玉川テラス 03-5491-1677

小数点誕生400年記念 魔法の算数教室

魔法の算数教室&大人のための数学カフェ連動企画
小数点誕生400年記念
小数・分数

今から400年前の1619年、人類は突如小数点「.」を手にした
まさに青天の霹靂
それをデザインした者こそ対数の生みの親であるジョン・ネイピア
1594年から1614年の20年をかけて行われた
logarithm=logos(神の言葉)+arithmos(数)
およびその数表の制作
その過程でネイピアは小数点「.」をデザインしていた
1619年に息子の手によって出版されたのが
『Mirifici logarithmorum canonis constructio』
これこそ真のイノベーション
今もその絶大なる威力は衰えることはない

プログラム
1.新聞の中から小数と分数を探してみよう
 小数と分数はどんなときに便利なのか

2.小数・分数の書き方・読み方

3.自分だけの分数ものさしを工作しよう

4.ジョン・ネイピア小数点誕生物語
1619年『Mirifici logarithmorum canonis constructio』
小数点が登場

日時 7月21日(日)11:00-12:00
場所 玉川高島屋S・C 本館屋上 玉川テラス
定員 親子10組限定(九九を半分以上マスターした小学1~6年生)
参加費 1組3,000円 大人のみ参加 2,000円

持ち物:筆記用具、定規・三角定規・分度器・コンパス、電卓(おひとり1台)

*応募者が定員数に達した場合、先着順で受付いたします。
お申込みいただいてもキャンセル待ちとなる場合もありますので、予めご了承ください。
*キャンセルは開催日の1週間前まで受付。それ以降は全額を申し受けます。

玉川テラスの詳細はコチラ

WEB申し込みはコチラ

問い合わせ
玉川テラス 03-5491-1677