小数点誕生400年記念 大人のための数学カフェ

魔法の算数教室&大人のための数学カフェ連動企画
小数点誕生400年記念
小数・分数

今から400年前の1619年、人類は突如小数点「.」を手にした
まさに青天の霹靂
それをデザインした者こそ対数の生みの親であるジョン・ネイピア
1594年から1614年の20年をかけて行われたlogarithm=logos(神の言葉)+arithmos(数)
およびその数表の制作
その過程でネイピアは小数点「.」をデザインしていた
1619年に息子の手によって出版されたのが
『Mirifici logarithmorum canonis constructio』
これこそ真のイノベーション
今もその絶大なる威力は衰えることはない

プログラム
1.シモン・ステヴィン小数誕生物語
 1581年『組合企業の計算に関する新発明』
 1582年『利子表』
 1583年『幾何学問題集』
 1585年『十分の一法』
  0.246 → 2①4②6③
 1585年『算術』
 1605年『歌唱法の理論』
  平均律の計算 2の12乗根

2. ジョン・ネイピア小数点誕生物語
 1619年『Mirifici logarithmorum canonis constructio』
 小数点が登場

3.循環小数の謎
 2と5以外の素数pの逆数の循環節の長さは、p-1の約数である。

4.乗算記号「×」は分数の計算が発端

5.なぜ分数のたし算は分母・分子同士をたしてはいけなのか?
 演算の定義がwell-defindであることの証明

小学校の算数で学ぶ小数と分数
それらが現代の教科書に載るまでには数千年の歴史が必要だった
誰も教えてくれない小数と分数の物語

日時 7月21日(日)13:30-15:30
場所 玉川高島屋S・C 本館屋上 玉川テラス
定員 26名限定
参加費 1人2,000円

*応募者が定員数に達した場合、先着順で受付いたします。
お申込みいただいてもキャンセル待ちとなる場合もありますので、予めご了承ください。
*キャンセルは開催日の1週間前まで受付。それ以降は全額を申し受けます。

玉川テラスの詳細はコチラ
WEB申込はコチラ
問い合わせ
玉川テラス 03-5491-1677

小数点誕生400年記念 魔法の算数教室

魔法の算数教室&大人のための数学カフェ連動企画
小数点誕生400年記念
小数・分数

今から400年前の1619年、人類は突如小数点「.」を手にした
まさに青天の霹靂
それをデザインした者こそ対数の生みの親であるジョン・ネイピア
1594年から1614年の20年をかけて行われた
logarithm=logos(神の言葉)+arithmos(数)
およびその数表の制作
その過程でネイピアは小数点「.」をデザインしていた
1619年に息子の手によって出版されたのが
『Mirifici logarithmorum canonis constructio』
これこそ真のイノベーション
今もその絶大なる威力は衰えることはない

プログラム
1.新聞の中から小数と分数を探してみよう
 小数と分数はどんなときに便利なのか

2.小数・分数の書き方・読み方

3.自分だけの分数ものさしを工作しよう

4.ジョン・ネイピア小数点誕生物語
1619年『Mirifici logarithmorum canonis constructio』
小数点が登場

日時 7月21日(日)11:00-12:00
場所 玉川高島屋S・C 本館屋上 玉川テラス
定員 親子10組限定(九九を半分以上マスターした小学1~6年生)
参加費 1組3,000円 大人のみ参加 2,000円

持ち物:筆記用具、定規・三角定規・分度器・コンパス、電卓(おひとり1台)

*応募者が定員数に達した場合、先着順で受付いたします。
お申込みいただいてもキャンセル待ちとなる場合もありますので、予めご了承ください。
*キャンセルは開催日の1週間前まで受付。それ以降は全額を申し受けます。

玉川テラスの詳細はコチラ

WEB申し込みはコチラ

問い合わせ
玉川テラス 03-5491-1677

セピア色のプサイ in FutakoTamagawa

6月16日(日)大人のための数学カフェ テーマ「数える」
二子玉川 玉川高島屋S・C 本館R階 玉川テラス
プログラム
#1 おはじきの個数を数える → 数列とΣ
#2 おはじきの並べ方を数える → 分割数 → オイラーとラマヌジャンの発見
#3 格子点を数える → 面積がわかる Pickの定理
            ゲオルグ・アレクサンダー・ピックの生涯
#4 無限を数える カントールの濃度 ヘブライ文字第1文字アレフℵの綴り方 加算無限と非可算無限 → 連続体仮説 → コーエンの結果

自分の指と声を使って数えるアクティビティを通して、数学を実感していただきました。
おかげさまでエキサイティングな一時となりました。
参加者のみなさまに感謝申しあげます。

終了後、参加者のマダムが私の新作「量子力学シリーズ#6 シュレディンガー方程式
それもTシャツではなくミニトートバッグをお持ちではありませんか!
わたしも持っていません。
すぐにマダムをアクティビティルームからテラスルームにお連れして撮影させていただきました。
バックは鮮やかな庭園の新緑ですが、あえてセピア色に。

ミニトートバッグはA4書類がピッタリ収まり、中には小さい小物入れがついていて使い勝手がいいとおしえてくださいました。

次回大人のための数学カフェは7月21日(日)、テーマは「小数と分数」
今回と同じく、魔法の算数教室との連動企画
WEB申込は開催の1ヵ月前の6月21日(金)開始です。

クリックでUTme! 販売サイト

プレジデント 2019.7.5号 数字の学校

PRESIDENT プレジデント 2019.7.5号
p113 数字の学校 Vol.116
年を取るほど時間が経つのが速く感じるのはなぜか?

人生の折り返しを迎える年齢公式
ジャネの法則からの導出は拙書「世界は足し算でできている」
p216-p224 人生を積分する
に詳細があります。

日本物理学の父・仁科芳雄

5月20日(月)大人のための数学カフェのテーマは「仁科芳雄」でした。
多数ご参加いただき誠にありがとうございます。

2004年12月6日 第12回仁科芳雄博士誕生日記念科学講演会とあわせて行われた仁科賞授与式
仁科芳雄の生家にて 前列左から4番目保江邦夫先生、私、佐藤清町長

2004年12月6日 第12回仁科芳雄博士誕生日記念科学講演会
「仁科芳雄博士が追い求めた夢 -そこにひとすじの光があるかぎり-」
と題して最初の作品ができあがりました。
これは私がサイエンスナビゲーター(R)としてはばたく転機となった講演です。
その講演レポートは今も仁科会館のホームページで見ることができます。
コチラ

以来、数年におきに作品をブラッシュアップし続けてきました。
昨日の「仁科芳雄」はこの一ヶ月をかけた渾身の作として完成しました。
あらためて仁科芳雄の資料を見直しながら彼の偉大さに感動しながら制作しました。

仁科芳雄の生家
芳雄の部屋 左から2番目私、3番目保江邦夫先生

冒頭の写真は私の部屋に飾ってある仁科芳雄博士生誕100年記念(平成2年12月6日)レリーフ
クライン・仁科の公式の仁科の手書きノートが印刷されてあります。

左私、右保江邦夫先生
赤囲み 計算間違いを訂正しているあと 青囲み sin^2=1-cos^2

ユニクロUTme!新作πT-Shirts販売開始!

#9 The Ramanujan Formula π1000digits
#10 The Chudnovsky Bros. Formula π1000digits

ラインナップ
新作#10 The Chudnovsky Bros. Formula π1000digits
新作#9 The Ramanujan Formula π1000digits
#8 γ オイラー定数 200digits
#7 e ネイピア数 200digits
#6 ψ シュレディンガー方程式
#5 ψ ディラック方程式
#4 ζ リーマンの関数等式
#3 Σ オイラー・マクローリンの公式
#2 Σ 関・ベルヌーイの公式
#1 π ラマヌジャンの公式

#1から#9は白生地に黒文字
これは背景を白にして制作するでの楽です。その代わり、色生地では背景の白も印字されてしまうのでイマイチ。白生地しかチョイスできませんでした。

新作#9・#10は色生地(GRAY・NAVY・BLACK)に白文字
これは制作に手間がかかるためこれまでできませんでした。
ようやく制作することができました。

お求めはユニクロUTme!

チョイス可能なすべての組合せ

クリックでUTme!